有料老人ホーム 看護師の仕事内容【求人・募集をお探しの方へ】が見つかる情報サイト

東京、大阪といった地域をはじめとして各地域での有料老人ホームの看護師求人・募集を探す際に役立つ看護師人材紹介会社に関する情報も掲載

ナースが複数体制の有料老人ホームで働く

看護師が複数体制のメリット

看護師が複数体制の有料老人ホームで働きたいナースへ。

介護施設の仕事に慣れていなかったり、未経験から有料老人ホームで働く際は、周囲に先輩ナースがいる方が働きやすいですよね。

アットホームで入居者が少ない有料老人ホームの場合、雰囲気は良くても看護師1名体制、ということも良くあります。

定員30名に対して1名の看護師というケースが多いので、「規模が小さな有料老人ホームほどナースが少ない」という状況にあります。

また小規模な有料老人ホームの方が入居費や月々の費用が高いため、ホテル並のサービスを提供しているホームもありますね。

そのような有料老人ホームで看護師として働く場合、周囲に先輩ナースがいない上に接遇・接客意識も求められますし、入居者の体調変化に対する責任も重いことでしょう。

今まで病棟経験が長ければ問題ないかもしれませんが、経験が浅いナースが最初に働く有料老人ホームや、介護施設の雰囲気に慣れていない状況から働くには、複数体制の有料老人ホームの方が働きやすいですね。

特に老人ホームは看護師以外に介護スタッフが働いていますので、お互いに派閥、グループが出来ていることもあります。

看護師1名体制の場合、介護士の雰囲気に飲まれて、そのまま弱い立場で働き続けるか、もしくは意見がぶつかっても人数的に不利なのが我慢するか…といった状況も起こりやすいですね(もちろん雰囲気良好な有料老人ホームも多いですが)。

以上の状況を鑑みても、看護師が複数体制の有料老人ホームの方がメリットは多いのではないでしょうか

そのような看護師求人を探すには、紹介会社で希望を伝えて下さい。

看護師複数は大規模な有料老人ホームに多い

有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、デイサービス、デイケア、サ高住、訪問介護ステーションなど、介護施設の看護師ニーズは年々高まっていますが、その分、様々な有料老人ホームが看護師を募集しています。

複数体制(看護師2~3名体制)で働きやすいのは、小規模な有料老人ホームではなく、定員30名~50名以上の有料老人ホームですね。

中には入居者100名、150名体制の有料老人ホームもあると思いますが、入居者が多い場合、また別な問題が生じるかもしれませんので、その辺りの相談も看護師紹介会社に行うと良いでしょう。

夜勤に関しても希望条件を整理すると良いですね。有料老人ホームは病棟より夜勤が少ないですし、中には日勤のみで働けるホームもあります。もしくはオンコール体制が取られている有料老人ホームもありますね。

大切なのは、雇用側である有料老人ホームと、こちらの条件がマッチすることです。特に正社員として常勤で働く場合は、妥協なく仕事探しを行うと良いですね。

多くの看護師さんが使ってる看護師人材紹介会社