有料老人ホーム 看護師の仕事内容【求人・募集をお探しの方へ】が見つかる情報サイト

東京、大阪といった地域をはじめとして各地域での有料老人ホームの看護師求人・募集を探す際に役立つ看護師人材紹介会社に関する情報も掲載

看護師24時間常駐の有料老人ホームは増える?

看護師常駐型の有料老人ホームの将来性

入院日数の短縮化の影響により、看護師24時間常駐の有料老人ホームが増えています。

特に介護付きの有料老人ホームですね。介護付きの有料老人ホームは退院後の受け皿として注目されていますが、高齢化社会が今以上に進行すれば、今後も施設数は増えるのではないでしょうか。

少なくとも2025年まで高齢化社会が進行するというデータがありますし、政府の方針として在宅介護にシフトチェンジしていくため、民間企業が運営する有料老人ホームは今以上にニーズが高くなると予想できます。

そうなれば必然的に施設数は増えますし、それに伴って看護師求人も多くなるかもしれませんね。

介護付有料老人ホームのような特定施設は、法令により1人以上の看護師配置基準が定められています。病院やクリニックには及ばなくても、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、デイサービス、デイケア、グループホームのような介護施設からの求人募集が増えているんですよね。

配置基準が定められている場合、欠員募集が必要になりますし、新たに介護付き有料老人ホームが増えれば、それに伴って求人もかけられることになるでしょう。

そのため、今の内に介護施設で看護師として経験を積むことにより、今後も必要とされるスキルとキャリアを身に付けられるのではないでしょうか。

国としては医療費の伸びを抑制したいですし、社会的入院の受け皿として機能していた療養病床(介護病棟)の転換、廃止の方向へ進んでいます。

日本は介護問題が深刻な国ですね

私の祖母も介護病棟に入院していましたが、先日退院して今は両親が介護を行っています。退院の理由として、要介護度が下がって入院費用が高くなると共に、その病院の社会福祉士から「元気な人は早く退院してほしい」と言われたことにあります。

医院長の意見とは異なっていたようですが、元気と言っても90歳を超えていますし、排泄介助、入浴介助が必要な状態です。他の医師の紹介で入れた病院だったのですが、諸々の事情で退院することになったんですよね。

両親も65歳以上で高齢なので、私も介護に協力していますが、そのように日本は介護問題が深刻な国です。

もし金銭的に可能なら、祖母を介護付き有料老人ホームに入れたいですし、同じ考えの家庭も多いと思います。そのようなニーズが明確にある限り、今後も看護師常駐の介護付き有料老人ホームは増えていくのではないでしょうか。

より詳細な情報に関しては、看護師紹介会社のコンサルタントに聞いて頂ければと思います。

多くの看護師さんが使ってる看護師人材紹介会社