有料老人ホーム 看護師の仕事内容【求人・募集をお探しの方へ】が見つかる情報サイト

東京、大阪といった地域をはじめとして各地域での有料老人ホームの看護師求人・募集を探す際に役立つ看護師人材紹介会社に関する情報も掲載

有料老人ホームから病棟看護師へ転職をお考えの方へ

有料老人ホームから病棟看護師へ転職

有料老人ホームへ転職をされる看護師さんも増えましたが、同時に有料老人ホームを辞めてまた以前にように病棟看護師として働きたい、ということで転職活動をされる方も増えているそうです。

その転職理由としては、その施設(有料老人ホーム)による問題も大きいかも知れませんが、

・看護師と介護スタッフの人間関係
・これからの自分のキャリアを考えて、看護スキルへの不安などから病棟看護師として復帰したい場合
・忙しくて辞めた病棟なのに、やっぱりあの忙しさがやり甲斐になっていたんだと気づいた
・有料老人ホームでの看護師業務にどうしてもやり甲斐を感じられなかった

などの理由から、病院の看護師求人を再び探して転職をされる方が少なくありません。

これからの看護師人生を考えて、ずっと介護に関した仕事をしていこう、という場合にはさらにケアマネジャー資格の取得を目指したりと、向上心を持ってお仕事をされる方も多いのですが、また病院で働きたいかも・・・と考えた場合には、やはり「看護技術の低下」に対しての不安は大きいようです。

もしかしてあなたもそうではないでしょうか?

有料老人ホームでの看護師業務には、医療行為は基本的にありませんから、数年働くとかなり忘れてしまうと言います。

昔から有料老人ホームで働くと何年か経つと病棟には戻りにくくなる、と言われていますよね。

そういった事もあって、

「やっぱり病棟で働きたい!」

と言うことで看護師紹介会社に相談をされる看護師さんは少なくないと言います。

もちろん、有料老人ホームでの看護師としての仕事内容、役割にやり甲斐を持ってお仕事されている方も多いです。

施設長が看護師、という有料老人ホームも増えているんですよ。

要は個人が考える看護師としての仕事のやり甲斐、キャリアへの考え方次第、ということになるのでしょうね。

有料老人ホームから病棟看護師への転職

有料老人ホームから病棟看護師として転職を考えた場合、重要なのはやはり病棟看護師としてのブランクです。

何年くらい有料老人ホームで働いていたか。

やはり年数が長くなるとともに、その看護技術を不安視する師長、看護部長はいます。

他に転職希望者がいた場合、即戦力となる場合にはそちらの採用を優先することも多くなるでしょう。

ご自身でも病棟看護師として復帰する事に不安がある場合には、研修制度が整っていたり、バックアップ体制がある病院などへ転職された方が不安は軽減されますし、実際に働きやすいと思います。

以前働いていた診療科と同じか、経験を活かす事が出来る病棟を選ぶ事も大切ですよね。

病棟への復帰にあたっては、職場選びがものすごく重要だと言えるでしょう。
ですから、しっかり話を聞いてくれて職場探しをサポートしてくれる看護師紹介会社、サポートに力を入れている所が良いと思います。

例えば、そういった看護師紹介会社として口コミでも評価が高いところとして、

看護のお仕事

マイナビ看護師

をおすすめしたいと思います。

いずれも病棟看護師求人も非常に豊富ですし、利用者満足度の高さが特徴です。

話をしっかり聞いてくれる、という口コミが多い事も共通しています。

他にも看護師紹介会社はたくさんありますが、当サイトでは上記2つの紹介会社をおすすめしたいと思います。

多くの看護師さんが使ってる看護師人材紹介会社