有料老人ホーム 看護師の仕事内容【求人・募集をお探しの方へ】が見つかる情報サイト

東京、大阪といった地域をはじめとして各地域での有料老人ホームの看護師求人・募集を探す際に役立つ看護師人材紹介会社に関する情報も掲載

病棟と有料老人ホームの違いに悩む

病棟とは看護師の役割が違います

有料老人ホームにで働く看護師の悩みとして、「病棟との違い」がありますね。

病棟から有料老人ホームへ転職したナースが一度は通る悩みではないでしょうか。

特に有料老人ホームの仕事に慣れない内は、病棟との違いに苦労するかもしれません。

最も大きな違いとしては「有料老人ホームは健康な方と接する機会が多い」ということです。病棟のように病気や怪我で入院している方ではなく、基本的に健康な高齢者が利用するのが老人ホームなんですよね。

看護師求人が多数見られる介護付有料老人ホームでも、病棟に入院している患者さんより健康ではないでしょうか。

有料老人ホームが終の棲家になることもありますが、ホームで対処できない病気になれば入院するケースが多いので、介護の手を借りてでも日常生活が可能という意味で、「病院よりも健康な高齢者が利用している」と思います。

私の祖父も老人ホームに入っていましたが、肺の病気に罹って病院に入院し、そのまま病棟で亡くなりました。

そのように有料老人ホームと病棟では、入居者の健康状態に違いがありますし、病棟勤務が長い看護師さんほど、双方の違いに悩むのかもしれません

仕事内容・役割で見ても、有料老人ホームは日常の生活支援、健康管理、健康相談、簡単な医療行為がメインなので、病棟看護師の仕事とは異なりますよね。

それに有料老人ホームだけでなく特別養護老人ホームやデイサービスのような介護施設でも、介助業務を行うのが基本です。周囲の介護スタッフと共に食事の介助、入浴介助、排泄介助などを行うんですよね。

有料老人ホームの仕事が合わない場合

介護士は看護師の仕事が出来ませんが、看護師は介助業務が可能なので、施設によっては介護の仕事の方が多くなることもあります。

そのような有料老人ホームで働く看護師は、特に病棟との違いに苦労するのではないでしょうか。

しかし有料老人ホームで働く限り仕方がない部分もありますし、あまりに老人ホームの仕事がきつい、病棟との違いに耐えられない場合は、病院に復帰しても良いですね。

やはり看護師にも職場の向き不向きはありますので、介護施設で働いてみたけれど自分には合わなかった…というケースもあると思います。

その場合は看護師紹介会社、転職求人サイトに登録した上で、キャリアコンサルタントに相談されてみて下さい。

人材紹介会社は無料で活用できるので、気軽に登録してみて下さいね。

多くの看護師さんが使ってる看護師人材紹介会社