有料老人ホーム 看護師の仕事内容【求人・募集をお探しの方へ】が見つかる情報サイト

東京、大阪といった地域をはじめとして各地域での有料老人ホームの看護師求人・募集を探す際に役立つ看護師人材紹介会社に関する情報も掲載

介護施設の将来性について

高齢化社会は更に進行していきます

高齢者施設、介護施設の将来性についてお伝えします。

将来性が高ければ必然的にナース求人も増えますので、看護師として働く上での職場選択にも関わってきますね。

結論から申し上げますと、介護施設のニーズは今以上に高くなると予想できます。それは総人口に占める高齢者の比率を考えることで分かります。

国が出しているデータとして、2025年には高齢化率が人口の33%、2035年には34%を占めるそうです。現在は28%前後なので、今後高齢化はますます進行すると言えるでしょう。

医療の進展と共に後期高齢化率も年々増加していきますので、人口形態として、今以上に高齢者が多い国になることは間違いないと思います。

そうなれば看護師、介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャーが活躍する場所が増えていきますね。

現在は介護施設で高齢者を受け入れることが一般的ですが、国の方針としては今後、在宅ケアに力を入れていくようです。将来の更なる高齢化を考えると、介護施設で受け入れることが難しくなるのかもしれません。

介護施設にプラスして、在宅療養支援体制の必要性が高くなると予測できますし、それに伴って訪問看護、訪問入浴の看護師求人も増えるのではないでしょうか?

訪問看護が増えると言われています

2014年現在は、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、介護付老人保健施設、デイサービスの求人も見つけやすい状況にありますね。それに比較すれば、まだまだ訪問看護の求人は少ないかもしれません

しかし2025年~2035年になれば、訪問看護求人の比率が、他の介護系ナース求人を追い抜くことも予想できます。

どちらにしても言えるのは、介護施設、高齢者施設の仕事は、将来的にますますニーズが高くなるということです。

現状、介護施設は健康管理が中心ですから、看護師として勘が鈍るのでは? 病院復帰が難しくなるのでは? と考えている方も多いと思います。

しかし介護施設が今より増加することを考えると、介護看護師として専門的に生きるという道もあるのではないでしょうか?

国の政策を見ても、介護が大きな問題として位置づけられていますので、看護師として活躍する機会は非常に多いと言えますね。

多くの看護師さんが使ってる看護師人材紹介会社