有料老人ホーム 看護師の仕事内容【求人・募集をお探しの方へ】が見つかる情報サイト

東京、大阪といった地域をはじめとして各地域での有料老人ホームの看護師求人・募集を探す際に役立つ看護師人材紹介会社に関する情報も掲載

有料老人ホームへの転職を成功させるには志望動機は重要

準備不足で不採用になる事もあります

看護師の転職でも志望動機は大切ですよね。

看護師は人材不足、と言われますが病院や介護施設側も誰でも良いから採用したい訳ではありません。

出来れば病院の看護理念や看護観に合った看護師を採用したいと思っています(本音では)。

面接の結果として熱意が不十分といった判断をされれば、不採用になってしまう事もあるんです。
ですから、しっかりと準備をしてから応募書類(履歴書や職務経歴書)の作成、面接へと臨むことをおすすめします。

もちろん、とにかく人手不足で回らない、という場合にはそれはさておいて経験不足であっても人間性重視で採用される事ももちろんあります。

その時にとても重要な判断基準が、志望動機となります。

どうして有料老人ホームで働こうと思ったのか、どんな仕事をしていきたいのかといった事をアピールする部分となります。

有料老人ホームでの看護師の仕事は、病院勤務時代とは大きく異なります。

それを事前に調べてから志望動機を書くのと、全く知らずに書くのとではアピールの度合いが全然違ってきますので、出来れば有料老人ホームで求められる看護師の役割、仕事内容に関して調べてから、志望動機の作成に取りかかる事をおすすめします。

【関連記事】
有料老人ホームで働く看護師の役割
高齢者施設における看護師の役割
高齢者施設、介護施設の将来性

志望動機はどう作る?

基本的に、老人施設では看護技術は基本的な事が出来れば問題無いとされます。

医療行為は基本無いためです。

ですから、有料老人ホームでの勤務経験が無い、未経験と言うことはさほど問題にされないことが多いでしょう。

施設側が重視するのは、やはり長く働いてくれそうかどうか、熱意を持って働いてくれるかどうかです。
病院と老人施設での看護師の役割、仕事内容に悩むケースも多いですから、より志望動機は重視される事が多いようです。

有料老人ホームへ転職を希望される場合の志望動機の作り方としては、

・どうして転職を希望したか
・どのような仕事をしていきたいか

をベースに書くと間違いないでしょう。
上記にプラスして、

・勤務条件についての希望

も書いてもサラッと良いでしょう。

お子さんや親の介護がある方は、出勤回数を抑えたいと思っている方も多いと思います。
事前に率直に伝えることで、施設側も配慮してくれる事が多いです。

特に夜勤が出来る方は書かれると良いと思います。

有料老人ホームであっても、夜勤がある施設もあります。
夜勤の出来る看護師はよほど出なければ、採用される可能性が高いですよ。

多くの看護師さんが使ってる看護師人材紹介会社