有料老人ホーム 看護師の仕事内容【求人・募集をお探しの方へ】が見つかる情報サイト

東京、大阪といった地域をはじめとして各地域での有料老人ホームの看護師求人・募集を探す際に役立つ看護師人材紹介会社に関する情報も掲載

施設看護師のレベルってどうなの?

病院と有料老人ホームは役割が異なります

施設看護師のレベルってどうなのでしょうか?

まずは病院と有料老人ホームの役割の違いがありますね。

病院は病気、怪我の治療が主な役割になりますが、有料老人ホームは入居者の生活の場です。疾病を治すことが目的ではなく、生活の場を保つ役割となります。

そのため、有料老人ホームで働く看護師の役割の中には、時に介助業務が入ることもあります。おむつを換えたり、爪を切ったり、食事の介助、排泄介助もあるでしょう。

特養と比較して有料老人ホームは自立している入居者が多いので、全ての有料老人ホームで介助業務が入るわけではありませんが、それでも病院とは担う役割が異なります。

医療行為も少ないですし、日々のルーチンワークが決まっていることが多いです。そのため臨床経験が長い看護師さんほど、「施設看護師のレベルが低い」と感じることがあるようですね。

ポイントとしては、病院と有料老人ホームを比較しないことです。

比較して考えると、どうしても施設看護師のレベルが低いと感じてしまいますし、双方の役割の違い、求められる仕事内容の違いを意識すると良いでしょう。

有料老人ホームが看護師に期待する役割としては、入居者の健康管理、服薬管理が多いです。時に介助業務を行うこともありますが、あくまでも「生活のサポート」がメインなんですよね。

病院のように医師が常駐しているわけではないので、入居者の体調に注意する必要がありますし、少しでも変化に気付いたら、看護師の判断で外部の病院やクリニックに連絡することもあるでしょう。

特に入浴前後で体調を崩す入居者が多いので、バイタルチェックを慎重に行う必要がありますね。

病棟と施設を比較してレベルが低いと感じてしまうと、どうしても周囲のナースや介護士との関係がギクシャクします。自分の方がスキルが高いと思えば、周囲を見下すこともあるでしょうし、結果的に「私に有料老人ホームは合わない」とすぐ退職してしまうかもしれません。

病院と介護施設では、果たすべきその役割が違っています。

介護施設は入居者の方の生活の場、となりますよね。

病院と違って介護スタッフとの人間関係も大切なのが有料老人ホームですから、謙虚な気持ちで働くことを心がけてみて下さいね。

多くの看護師さんが使ってる看護師人材紹介会社