有料老人ホーム 看護師求人【転職・夜勤バイト・単発バイト情報】が見つかる情報サイト

東京、大阪といった地域をはじめとして各地域での有料老人ホームの看護師求人・募集を探す際に役立つ看護師人材紹介会社に関する情報も掲載

仮眠が取れる有料老人ホーム求人について

有料老人ホームによって大きく変わる、看護師の休憩・仮眠

シフトに夜勤が入る場合、「仮眠がちゃんと取れるだろうか…」と気になりますよね。

有料老人ホームの夜勤は、病棟よりも緊張感は少ないと思いますが、だからこそ集中力を維持するために少しでも寝ておきたい、仮眠を取って短時間でも休みたい…と考えることがあります。

仮眠を取れば頭がリフレッシュしますし、再び集中力を保てるのではないでしょうか

夜勤の忙しさは勤務する有料老人ホームによっても変わります。認知症の入居者を受け入れている場合は気を抜けませんし、介護スタッフと共に対応が必要なケースもありますね。

多くの有料老人ホームでは看護業務よりも、介護業務の方が多いといえます。
緊張状態になることは少ない代わりに、呼び出しが多く、思ったように夜勤時に休憩や仮眠が取れない・・・と悩んでいる看護師さんは多いのではと思います。

また医療行為が必要な入居者が多い有料老人ホームもあるでしょう。あくまでもホームで対応できる症状に限られますが、体調が不安定な入居者が多ければ、夜間でも気を抜くことが出来ません

1時間でも2時間でも仮眠可能なら、その間に目を閉じて身体を休めるだけで、疲労度が変わるんですよね。本格的な睡眠が取れなくても、ぼんやり目蓋の裏を見つめるだけで、その後の仕事に入りやすくなります。

仮眠ありの有料老人ホームを探すために

中には「仮眠しない方が集中力を保ちやすい」と考えている方もいますし、人それぞれではありますが、仮眠を条件に求人探しを行う場合は、看護師紹介会社にその旨を伝えて下さいね。

ハローワークなどでも有料老人ホームの夜勤専従看護師求人は見つかると思います。

地域によって求人数は変わりますが、就業希望エリアに有料老人ホームが多ければ、ナースの退職と共に欠員補充が掛かりますし、タイミング次第で早期に見つかることもありますね。

しかしその夜勤専従求人が、ちゃんと仮眠を取れるかどうかは分かりません。求人項目に仮眠ありと記載されていても、実際に働いてみると仮眠が取れなかった、休憩時間もほとんど無かった…ということもありますし、あらかじめ詳細を抑えることが大切ですね。

看護師紹介会社を利用することで、求人の裏側まで教えてもらえますから、「ちゃんと仮眠が取れる夜勤専従求人を探しています」と担当者に伝えると良いでしょう。

実際にはどれくらいの仮眠時間が確保出来ているのか、要介護度、夜勤時の忙しさ、介護スタッフの人数、職場の雰囲気など。

もし夜勤に入って働くことを考えた場合、その有料老人ホームに関して、事前に知りたい事はいろいろと出てくるのではないでしょうか。

高額給与で募集されている求人を見ると、つい応募をすぐに考えてしまうこともあるかもしれませんが、実際の職場の情報を得てから総合的に判断する事も大切ですよね。

転職して1日目の勤務で辞めたい・・・と合わない職場、と思ってしまわないためにも、職場の詳しい情報を持つ看護師紹介会社を利用して情報収集をされることをオススメします。

⇒ 看護師人材紹介会社を活用して有料老人ホームの情報を得る方法がおすすめ

有料老人ホームの夜勤、実際の働き方を確認することが重要です

日勤と夜勤を交互に繰り返すよりも、夜勤専従は生活のリズムは保ちやすいと思いますが、それでも人間の体内時計は、夜更けに睡眠を求めるものです

私も深夜に仕事を行っていますが、睡眠なしで朝まで起きているよりも、間に仮眠を取る方が集中力が復活しやすいんですよね。元々夜型体質ではありますが、休憩なし、仮眠なしだと長時間の仕事は難しいです。

特に看護師の仕事は(有料老人ホームであっても)、集中力が必要になりますし、深夜に体調不良になる入居者もいれば、救急病院への手配が必要になることもありますね。

その際に仮眠の有無が大切になると思いますので、ぜひ看護師紹介会社で希望を伝えてみて下さい。

多くの看護師さんが使ってる看護師人材紹介会社