有料老人ホーム 看護師の仕事内容【求人・募集をお探しの方へ】が見つかる情報サイト

東京、大阪といった地域をはじめとして各地域での有料老人ホームの看護師求人・募集を探す際に役立つ看護師人材紹介会社に関する情報も掲載

有料老人ホーム年々施設が増えている

有料老人ホームは高齢者の生活支援をする施設として注目されている

有料老人ホームは今後もさらに増えていくと予想されていますが、将来性や今後はどうなのでしょうか?

介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅がどんどん増えています。

推測ではありますが、考えてみました。

施設数については色々調べましたが、政府系の資料はpdfが多いのと、あとこちらのサイトが表でまとめていて見やすかったので参照されると良いと思います。

老人ホームの施設数・定員・在所者数の年次推移

有料老人ホームに関しては、年々施設数が増えています。

それに伴って、有料老人ホームで働くスタッフが必要な事は書くまでもありません。

施設数の増加は、考えてみると当たり前の事ですが永遠に続くわけではありませんし、資本力の大きな企業の参入も進んできているようです。 そうなると、企業間の競争も始まりますから淘汰も進んでいくと考えられます。

老健も特養も、経営が苦しくなる介護報酬の改定が続いています。

それに比べて、有料老人ホームは特別養護老人ホームなどの介護施設に代わり、幅広い性質を持たせることができるため高齢者の生活支援をする施設として、注目されているところです。

有料老人ホームは家庭と育児と両立して働ける職場として注目されている

住宅型、24時間介護付など、差別化も進んできています。

看護師として注目するべきは、介護付有料老人ホームです。

ただ、看護師として働く場合、病院で求められるような看護師の役割などとは違いますし、医療行為も格段に少なくなりますから看護師としてのスキルは向上は難しいでしょう。

ただし、一人一人としっかりと関わる事ができる職場ですから、そうした繋がり、サポートにやり甲斐を感じる看護師にとっては働きがいのある施設といえると思います。

有料老人ホームはまだ増えていくと予想されます。

入居される方も年を重ねていきます。

そこで働く看護師にとっても、「生活のサポート」をするという役割から、出来る事はたくさんあると思います。

さらに20年後、30年後を見ると、高齢者の方も減少傾向になりますから、その時は経営が厳しくなる施設が増えていくでしょう。

ただし、まだまだ先の話であり、現状は看護師はとても求人ニーズが高く、家庭と育児と両立して働きやすい職場として注目されています。

多くの看護師さんが使ってる看護師人材紹介会社